Life Worker

元証券マンで現役経営コンサルティングと活動して活動しております。お金の知識や、経済、為替、株式、便利なグッズ、アプリなど紹介していきます。

お金について考える!!

スポンサードリンク


 

f:id:hayato-yosijun:20161031130733j:plain

  金融機関で働いていることもあり、お金についての記事を考えてみたいと思います。

普段あなたは、お金をどこに預けてますか??基本は、銀行かなと思います。そうです日本国民の資産は、50%近くが銀行に眠っていると言われています。

では、アメリカは??アメリカは、資産の約10%が銀行に眠っているといわれております。では、他の資産はどこに預けているの??ってことになりますが、それは、投資信託や保険、株式、不動産などに資産を預けています。

なので、政策で株高政策をとると、アメリカは、国民全体に行き渡り、恩恵を受けるのに対して、日本は、資産の大半が銀行に眠っているので国民全体に恩恵が行き渡りません。むしろ、株高政策を取ると、富裕層優遇策と批判されます。

 ただし、よく考えてください。20年前は、10年前くらいは、銀行の金利も、10%近い金利がついていたのに対して、現在は、0.02%と超低金利へと様変わりしております。

分かりやすく言いますと、10年前は、100万を銀行に預けていると1年で10万も増えたのに対して、現在ですと、1年で200円しか増えません。

 日銀の物価目標として、2%の物価目標を立てておりますので、100万の物が、来年は、102万円になっていることを意味しており、0.02%しか金利が付かない銀行で預けていると実質1.98%、目減りしているということになります!!

 なので、物価の上昇を考えると銀行で預けていると実質、100万円が、約98万に目減りしているようになります。つまり、2%の物価上昇をしているのであれば、2%を超える運用をしないと資産価値は、維持できなくなります。

 資産運用については、これからこのブログで書いていきたいと思います。

広告を非表示にする